リハプライド HOMEリハプライド 店舗一覧 > リハプライド かどた脳神経外科

リハプライド かどた脳神経外科

愛媛県・松山市

イベント・お知らせ

マシン紹介②

2013/07/05

ささのはさ~らさら~

こんにちは生活相談員廣見です。

もうすぐ七夕ですね!松山は8月7日が七夕ですが、レッツ倶楽部では一足先に七夕飾りをしてます♪

七夕飾り2013,7,5.JPGジャーーーン!!

どうですか?いいでしょ!?

飾りは利用者さんと一緒に作りました。すごくにぎやかでかわいい飾りに仕上がってます。

短冊のお願いには、利用者さん一人一人の思いが書かれています。そのお願いを見て、スタッフも前向きな気持ちになったり、頑張らないといけないなとそれぞれに心に響くお願いがたくさんありました。

7月もたくさん季節を感じていきたいと思います。

さて、マシン紹介にうつります!

今回紹介するのは「ローイング」というマシンです。まずは、動作前の写真です。

2ローイング(縦写真)1.JPGこのようにマシンと向かいあって座り、前ならえのような姿勢で行います。

この時のポイントとして

①足がしっかり床についていること

②手が伸びきっていること(伸びきらない方はできるだけ伸ばします)

③背筋が伸びていること(伸びない方はできるだけ伸ばします)

④座面の高さは横グリップと肩の高さが同じになるように座る

次に動作後の写真です。

2ローイング2.JPGこのように腕を真っ直ぐ後ろに引きます。

そして動作前の状態に戻る動作を繰り返しゆっくり行うマシンです。

この時のポイントとして

①真っ直ぐ腕を引き、脇が開かないように注意して肘を体側に近づける

②左右の肩甲骨を寄せるイメージで行う

③力まずリラックスして行う

以上がマシンの動作説明になります。

このマシンで使用される筋肉は、僧帽筋中部・広背筋・三角筋後部です。

効果として

①姿勢の改善(肩甲骨周囲・下部体幹)、肩甲骨周囲の可動性と安定性の向上  肩甲骨を寄せることで、猫背や腰の曲がりなどが少しずつ伸びてきます。

②胸郭可動性の改善  肩甲骨を寄せることで、胸は開く為、心肺能力がUP。呼吸が楽になります。

以上が「ローイング」というマシンの説明になります。次回は3つ目のマシンの紹介をします!

 話は変わりますが・・・

暑いですね~。熱中症対策はできてますか?

人の体は成人男性で約60%、赤ちゃんは約80%と、ほとんどが水でできています。大量に汗をかいたのにしっかり水分補給ができないと、体内に熱がこもり体温が上昇して、痙攣や頭痛、嘔吐、意識障害などさまざまな不調が起こります。急に暑くなった日は、特に注意!屋外で活動している時だけでなく、就寝中や室内で発症する場合もあります。

多くの方は、水分の摂取量は不足気味。喉が渇いたと感じたときには、すでに脱水が始まっています。コップ1杯(200cc)の水を1日10杯を目標に、こまめな水分補給を!

起床後→朝食後→昼食30分前→昼食後→3時のおやつ時に→夕方に→夕食30分前に→入浴前→入浴後→就寝前

といった感じです。

長時間の運動の場合、休憩は30分に1回程度とりましょう。汗をたくさんかく時は塩分の補給も忘れずに!0.1~0.2%程度の食塩水(1ℓの水に1~2gの食塩)が適当です。もしくはスポーツドリンクで補いましょう!

今年の夏も暑くなりそうですが、しっかり対策をして元気にすごしていきましょう!

では、次回の更新もお楽しみに♪

 

見学会・内覧会の送迎も行っています!
ご希望の方はこちらまでご連絡ください。

リハプライド かどた脳神経外科

(担当:廣見智夫)
このページの上部へ